万が一事故を起こしてしまった場合は?

任意保険に加入しておく事が大切

普通自動車運転免許を取得すると、公道で運転が出来るようになりますが、その際に気を付けておきたいのが交通事故への対応です。交通事故は、自動車に乗っていれば加害者・被害者のいずれかになる可能性がいつあってもおかしくはないので、それに備えるために任意保険に加入しておく事が大切です。
仮に、交通事故を起こしてしまった場合の流れとしては、まず最初に被害者の怪我の状況を確認し、救急と警察に来てもらいます。怪我をほとんどしていない場合は、現場に残って事故の状況を詳らかに説明する必要があるので、警察の実況見分に付き合う事になります。興奮状態になっている可能性もある事から、ゆっくり事故の状況を伝える事が重要で、ドライブレコーダーがある場合はその情報も伝えておきましょう。

損害保険会社とのやり取り

交通事故加害者の場合は、自分が加入している損害保険会社(損保)に連絡を行い、相手や自分の怪我の状態・車の状態を報告します。被害者が怪我をしている場合は、トラブルを防止するために加害者が加入する損保担当者とやり取りを行うのが一般的となっていて、通院費の負担・事故車両の査定と賠償を行います。相手方の車両に損害が出ている場合は、修理・代車の準備が必要ですので、その対応も損保会社に一任しておくと手間を省く事が出来ます。最近では、交通事故を起こした時に活用できる特約が増えており、弁護士・レンタカー・宿泊費などの費用負担を損保にしてもらえるので、入っておく事をおすすめします。
なお、被害者の怪我が重い場合は、特に誠意を持った謝罪をする事が重要であり、アポイントを取った上でご自宅や入院先まで伺うようにしましょう。