料金はどれくらいかかるの?

何の免許を取るかで決まる

車を運転するのはもちろん、身分証として使うために運転免許証を取りたいと思いますよね。そこで気になるのが免許を取るのに必要な料金ではないでしょうか。 そもそも自分たちが普段から言っている、車の免許の「車」は普通自動車を指していて、AT(車)とMT(車)の2種類があります。MTで免許を取った場合にはAT車を運転することができますが、ATで免許を取った人がMT車を運転することは出来ません。このため免許を取るのにかかる料金はATとMTのどちらにするかで変わってきます。 その料金設定は、ATよりMTの方が高くなっています。これはMTの方が運転練習の時間が長いためと考えられます。教習をする学校によりますがMTだと30万円以下、ATだと25万円以下が大体の相場です。

少しでも料金を安くするために

料金には座学の授業と運転の練習をする実技の授業、テキスト代などが含まれています。最も安く済むのは実技の授業で失敗することなくまた、授業後に行われる学科と実技、両方の試験に全て1回で合格する方法です。ですが、今まで経験のないことをする訳ですから、1回や2回は上手くいかないだろうと考えておいた方が良いです。 そこで少しでも安くするために、学生は生協経由で申し込むのが1番良い方法です。場合によっては授業や試験を何度受けても追加料金がかからない保証がついていることがあるので安心して免許を取ることができます。他には、既に免許を取った人から自分のことを紹介してもらったり合宿免許という短期集中型で免許を取得する方法が考えられます。予算内で自分に合った方法で免許取得を目指してみて下さいね。